无标题文档
首页--> 世界麻雀 --> 重要ニュース -->详细信息

麻雀申遺は必ず麻雀文化の健康、科学、友好的な発展に対して利益がある

    先日、いくつか麻雀の世界遺産申請の文章が派手な宣伝の疑いがある。このために、私達は中国世界民族文化交流の促進会の麻雀文化交流中心の主任、世界麻雀組織の総事務長事務室の従業員の張取材する。彼らは次の通りの情況を紹介する

  メディアは麻雀の世界遺産申請の報道の中で可能に対して異なる解読評論を持って、これらの評論は人々がこの中国の古いゲーム麻雀に対して関心を持つことを表して、よい事である

 古人は麻雀の主旨と精神を締め括る:参局闘牌においては、先ず品格を養うべし;品格を宜しく平静に保ち、焦げり軽率を戒め;牌を得て驕らず、牌を切るに惜します;順調時に喜ばず、不調時に憂えず;顔色を形に出さず、みだりに叫ばず;混濁にあわては緩やかに対処し、品格を貴しと為し;穏やか上品に振る舞う、これを以て上乗とする。

どのように麻雀の世界遺産申請を解決して、麻雀の健康、科学、友好的な発展に基づいて、民族文化の伝播に利益がある。世界遺産申請は目的ではない、オリンピックの精神を発揚して、健康、科学、友好的な麻雀文化を提唱の趣旨である。世界麻雀組織主席于光遠励まし言葉を書く「麻雀が中国から源を発して世界に属する」はとても良い解読である

日本麻雀博物館館長大隈、理事長野口恭一郎、日本麻雀連盟の理事長の石本洋一氏といくつか麻雀の団体は積極に麻雀の文化伝播には、賞賛、感心と学ぶことに値する。あのような情況の下で中国の古い麻雀と欧米各地の麻雀牌、本及び各種器具一緒に収集して保存するのは容易ではない、功績は消えることはない。寧波天一閣麻雀展覧館と成都の麻雀とお茶の文化館皆日本の友人の助けを得た。大隈氏は青年時代記者を従事して、何度中国に来て、周恩来総理の接見を受けたことがあって、言うことができるのは中国通で、中国の文化を心から愛する。彼はたいへん于光遠先生の麻雀に対する見方に賛成して、世界麻雀組織の重要なメンバーで、過去何回も積極的に于光遠主宰する中華麻雀フォーラムとオープン試合参与して、そして自ら隊を率いて中国の四川峨眉山で催す第1麻雀文化交流大会および第1期の世界麻雀選手権大会に参加する。交流を経て、中日世界遺産申請の件に対して認識に達する。

それ以外に、来年オーストリアで第3期のヨーロッパ麻雀選手権大会に先立て、世界麻雀組織その公布する麻雀競技規則】の審判員育成講座を催。修了試験の後で、審判員は証明を持って持ち場につ

 

  世界麻雀組織主席于光遠の下に各成員は一緒に世界遺産申請のために頑張って、もっと良く健康、科学、友好的な麻雀文化を伝播する

  

 

 

 

页面功能: [ 推荐给朋友 ] [ 字体: ][ 打印 ][ 点击:2791 ][ 关闭 ]



世界麻雀組織政府ネットワーク
世界麻雀競技中心 北京東品智運体育株式会社 版権所有
メール:worldmahjong@hotmail.com
ネットワーク建設&技術支持:普诺德 京ICP备09064462号